単純な計算

FXの経験がない方が為替相場の肝心なところを捉えるためには最初に取引を繰り返すことが大事です。

 

未然に危機を予期するようになるにはポカを重ねる事も重要です。

 

間違いをするといっても、やり直しが効かないほど大きな負けをする事は話になりません。

 

ちょっとしたミスを何度か経験することが結果として自身のレベルを上げてくれます。

 

これを考えると、まず最初は少ない資金で投資して、それで何回か取り戻せる損をすることが重要です。

 

仮に、100万円だけしか投資する余裕が無い場合いきなり100万円を全部使って取引すると、負けた時永久に再起できなくなってしまう恐れがあります。

 

それならば、ひとつの例として資金の10%ずつ小分けしてエントリーしてそれでエントリーを体験した方が、ミスを対応する方法なども学んでいくはずです。

 

まずはじめにわずかな額で売り買いする事の良いところは、先に言及したように、自らの経験値を増やし間違いを管理する手法を身につけることにあるが同時に、トレードの回数を多くする事で、偶然を少なくできるという長所もあります。

 

仮に、1回限りの取引で勝てる確率が二分の一だと考えます。

 

ということは、同じだけ損が生じる危険性もあります。

 

勝率5割ということは。

 

半分の割合で利益が上げられる事を言い表しています。

 

だけど、全てを投じて1回こっきりのエントリーをするということは勝ちか、負けのいずれかになってしまう。

 

それでは1回だけの賭け事と同じです。

 

要するに、全ての投資資金を投資して1度しか仕かけないとこの分だけ負ける危険性が大きくなります。

 

だから、投資資金を全部投入するのではなく、何回もに分けて、投資機会を重ねる事がリスク分散となる。

 

そして数回に分けたとしても全てのエントリーで勝利する事は不可欠ではありません。

 

正確に言うと、勝つことが出来ないのが実際のところです。

 

勝負で大切なのは、勝つ回数ではなく、どのように稼ぐかです。

 

勝半5割でもたとえ勝率3割でも利益を上げる事が出来ます。

 

5割以上負けてもその損益が少額ならば、3割の勝ちのプラスの大きさだけで十分稼げます。

 

そのためには、損失を小さく、利益を大きくを心がけることだ。

 

損が出たら即損切りして、儲けられる時には上手にプラスにする事がFXの経験の浅い方がFXで成功する極意といえる。